ニキビができたら積極的に摂りたい栄養素とは

ニキビ跡消す → ニキビに効果的な食べ物は?

ニキビに効果的な食べ物は?

ニキビに効果がある栄養素は?と聞かれたらビタミンCと答えるひとが多いと思います。肌にとって大切な栄養素なので間違ってはいませんが、必要以上に摂取しても意味がありません。

元気な肌に育ててニキビに対抗するためにはビタミンC以外にも取り入れてほしい栄養素があります。ビタミンならA、B2、B6、C、E、他にはコラーゲンとミネラルです。慢性的にニキビが繰り返して現れるのであれば、栄養が足りていないのかもしれません。

ビタミンAとは皮膚の新陳代謝に関係してる栄養素です。ビタミンAが不足してしまうと毛穴が詰まりやすくなってしまいます。にんじん、マーガリン、ほうれん草、春菊、レバーなどに多く含まれていますが、これらを摂るのが難しい場合はサプリメントで補うようにするといいでしょう。

ビタミンB2はニキビができる原因である皮脂の分泌を抑える働きがあります。不足してしまうと皮脂過剰を招いてしまいます。タンパク質が豊富な魚肉、レバー、卵、牛乳などに多く含まれていますが、ビタミンB2もサプリメントで補うことができます。

ビタミンB6は新しい皮膚を作るために代謝を促す効果があります。サプリメントでも補えますが、バナナやさんま、大豆、レバーに含まれているので、食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ビタミンCはコラーゲンの生成を助けてメラニンの生成を抑える働きがあり、新鮮な野菜やフルーツに含まれています。

ビタミンEは肌の酸化を防ぐと同時に免疫力をアップさせてくれます。血液の循環を促す働きがあるので、栄養素を体中に届けてくれます。かつお、レバー、緑黄色野菜に含まれています。

マグネシウムやカルシウム、亜鉛、鉄などの天然のミネラルは小魚や豆類などに含まれており、ホルモンバランスや血液の調整に役立ちます。

コラーゲンは水分を保つ働きがあり、酸素などの栄養を細胞に補給してくれます。 コラーゲンが不足してしまうとニキビやニキビ跡の治りが遅くなったり、肌の弾力が失われてしまいます。牛すじ肉、豚バラ、鶏皮、鶏軟骨、うなぎなどに含まれています。